UR賃貸住宅の申し込みの方法について最後にご紹介いたしましょう。

大きくわけると3つの方法となります。

一つはUR営業センターから、また現地案内所から、そしてインターネットからの申し込みです。

UR営業センター、もしくは現地案内所では、まずご希望の賃貸住宅を選ぶことから始めます。

パンフレットを見たり、UR都市機構のホームページを見たりします。

めぼしい家が見つかったら、空き室状況を確認してもらいます。

もし、空き室であれば、所定の申込み書をもらい、必要事項を記入の上、申し込むことができます。

その際、一度その住宅を自分の目で見たいという方は、住宅の内覧をすることができます。

その後、書類を提出します。

その中には、入居者全員の住民票の写し、それから所得証明書等などです。

その後、本契約となります。

その際に必要なものは、敷金(家賃3か月分)、入居月の日割家賃、実印、印鑑証明書です。

それが終わると、無事に入居になります。

もう一つの申し込み法は、インターネットでの申し込みですが、まずユーザーを登録します。

そして希望の家を選び、仮申し込みをし、書類を提出し、契約、入居という流れになってきます。

UR賃貸住宅の申し込みは簡単ですね。